顔検索に最適な7つのリバース画像検索エンジン

「顔検索」の15の使用ケースにおいて、トップのリバース画像検索エンジンをテストしました。これには、低解像度や低品質の写真を使用して人を見つけること、マスクをした人物を見つけること、若い写真から高齢者を識別すること、児童性犯罪者を追跡すること、知られざる外国の有名人を見つけることが含まれていました。FaceCheck.IDは99%で最高得点を記録し、Bing.comは17%で最低得点を記録しました。

免責事項: これは独立したレビューではありません。これらのテストは2024年5月にFaceCheck.IDが支払った専門家による内部競争分析の一環として実施されました。

FaceCheck.ID 99%

FaceCheck.ID

FaceCheck.IDは比較的新しく、画像データベースが競合他社ほど広範ではありませんが、高品質なウェブサイトの画像をインデックスし、独自の最新の顔検索アルゴリズムを使用することに強みがあります。FaceCheck.IDはユーザーの安全と詐欺およびアイデンティティ盗難の発見に焦点を当てています。詐欺師によって使用される写真の検出、ソーシャルメディアプロフィールの検索、ニュースで言及されている容疑者やマグショットの特定に優れています。 続きを読む

PimEyes.com 71%

PimEyes.com

PimEyeは、膨大な画像データベースを持つ強力な検索エンジンです。著作権を侵害する疑わしい成人向けコンテンツをインデックス化し、復讐ポルノと戦うユーザーを支援することに特化しています。成人向けコンテンツの検索には非常に効果的ですが、ソーシャルメディアのインデックスがないことや、ぼやけた画像や低品質の画像での検索ができないことなど、他の目的には制約があります。これらの欠点にもかかわらず、PimEyeは逆画像検索エンジンとして非常におすすめです。 続きを読む

SocialCatfish.com 52%

SocialCatfish.com

Social Catfishの逆画像検索は、主にメールと電話の検索サービスの補足機能として提供されています。画像検索が主要な目的ではないため、後付けの考えのように感じられます。技術が古く、顔認識のパフォーマンスが一貫していません。時折良い結果を提供することもありますが、頻繁に失敗します。しかし、彼らのYouTubeチャンネルはロマンス詐欺の意識を高めるのに非常に効果的です。 続きを読む

Yandex.com 35%

Yandex.com

Yandexは主にロシアおよび東ヨーロッパのウェブサイトの画像をインデックスしています。顔認識アルゴリズムを使用しておらず、西洋およびアジアのウェブサイトのインデックスが限られているため、私たちのテストではあまり良い結果を示しませんでした。しかし、GoogleやBingとは異なり、Yandexは顔検索をブロックしていないため、これはプラスです。ロシア語圏や東ヨーロッパ特有の画像を探している場合、Yandexは役立つツールとなるでしょう。 続きを読む

Tineye.com 22%

Tineye.com

TinEyeは最初の逆画像検索エンジンの1つであり、67億以上の画像をデータベースに持っていると主張しています。しかし、その古さゆえに、多くのリンクが壊れており、存在しないページに導かれることが多いです。さらに、TinEyeは正確な一致のみを行い、顔認識を使用していません。その結果、私たちのテストでは、人物の画像検索において非常に劣っていることが示されました。 続きを読む

Google.com 18%

Google.com

Googleは顔による逆画像検索では効果がありません。顔認識を使用せず、意図的に写真を使った検索をブロックし、「人の結果は制限されています」というメッセージを表示します。この機能は以前は動作していましたが、2024年以降、この目的には全く役に立たなくなりました。Googleは逆画像検索を商業製品の識別に集中させており、この分野では非常に優れています。画像から製品を見つける必要がある場合、Googleはそのための理想的なツールです。 続きを読む

Bing.com 16%

Bing.com

Bingは私たちの画像検索の約70%をブロックし、「結果を見つけることができませんでした」というメッセージを返しました。しかし、サッカー選手の写真には非常にうまく対処し、「見た目が似ている」というセクションにサッカー選手の名前を表示しました。Bingの顔検索機能は主に有名人を対象としているようで、彼らの名前を表示する「見た目が似ている」セクションを提供します。したがって、写真から有名人を識別する必要がある場合、Bingは非常に役立つ可能性があります。ただし、一般の人々の検索にはBingは役に立ちません。 続きを読む

誰かを探していますか?FaceCheckを試してみてください!

誰かを探していますか?FaceCheckを試してみてください! - FaceCheck.ID FaceCheckをチェックする

ベスト7リバース画像検索エンジンの比較

写真から誰かを見つけるための最適なリバース画像検索エンジンはどれですか?低品質の写真での検索、マスクをした人物、ロマンス詐欺師の発見、逃亡中の小児性犯罪者、若い写真から高齢者を見つけること、戦争犯罪者、無名の外国人セレブなど、15の異なるユースケースにおいて、トップ7のリバース画像検索エンジンを徹底的に比較しました。私たちの分析は、各エンジンの強み、弱み、正確性、独自の特徴をカバーしています。この比較は、あなたのニーズに最も適したリバース画像検索エンジンを選択するのに役立ちます。

免責事項: これは独立したレビューではありません。これらのテストは2024年5月にFaceCheck.IDが支払った専門家による内部競争分析の一環として実施されました。

PimEyes.com vs FaceCheck.ID

PimEyes.com vs FaceCheck.ID

PimEyes.comとFaceCheck.IDを比較すると、それぞれのプラットフォームは異なる目的に適しています。PimEyesは成人向けコンテンツの検索に優れており、リベンジポルノと戦うのに役立ちます。しかし、ぼやけた画像や低品質の画像にはうまく対応せず、ソーシャルメディアを検索することもできません。これにより、一般的なソーシャルプラットフォームでの検索にはあまり役立ちませんが、特定の種類の成人向けコンテンツを見つけるのには依然として有用です。 一方、FaceCheck.IDはさまざまなウェブサイトでうまく機能します。特にロマンス詐欺師やアイデンティティ盗難を見つけるのに優れており、低品質の画像でも赤旗アイコンを表示し、ソーシャルメディアをチェックします。この機能はユーザーの安全を守り、デーティングアプリでの詐欺被害を防ぐのに役立ちます。FaceCheck.IDは異なる品質や年代の画像でもうまく機能する高度な顔認識技術を使用しています。 PimEyesが特定のコンテンツに焦点を当てる一方で、FaceCheck.IDはさまざまなウェブサイトでの画像検索において広範で安全志向のアプローチを採用しています。どちらのプラットフォームも、写真を使って誰かをオンラインで見つけるのに不可欠です。... 続きを読む

PimEyes.com vs Google.com

PimEyes.com vs Google.com

GoogleとPimEyesはそれぞれ逆画像検索の分野で独自の強みを持ち、異なるニーズに対応しています。Googleは非常に迅速で効率的ですが、その画像検索は主に製品の識別に焦点を当てており、人々の検索にはあまり役立ちません。「人々の結果は制限されています」というメッセージを頻繁に表示し、個人の識別にはあまり役立ちません。これにより、Googleはショッピングや製品の情報を見つけるには最適ですが、個人の識別には適していません。 一方、PimEyesは顔や個人の画像を一致させる能力に優れており、成人向けコンテンツや信頼性の低いウェブサイトでの不正使用画像の特定にも優れています。PimEyesはさまざまな角度からの画像を詳細に調べ、プライバシーや画像の誤用に関心のあるユーザーにとって非常に貴重です。しかし、PimEyesは成人向けコンテンツに特化しており、非常に低品質の画像には苦労するため、そのアピールはやや限定されます。 要するに、製品や非個人的なアイテムを識別する場合はGoogleが最適ですが、個人の画像セキュリティやオンラインでの画像の広範な使用を特定する場合は、PimEyesが必要なツールを提供します。それぞれのプラットフォームは、それぞれの対象ユーザーに適しており、Googleはショッピングに、PimEyesは画像の誤用から身を守るために最適です。... 続きを読む

PimEyes.com vs Tineye.com

PimEyes.com vs Tineye.com

PimEyesとTinEyeはどちらも逆画像検索サービスを提供していますが、画像認識の強みと制限は異なります。PimEyesはさまざまな文脈で個人を識別するのに優れており、特に露骨で成人向けのコンテンツの検出に優れています。非常に低品質の画像やぼやけた顔には苦労しますが、同じ人物の複数の画像を見つけることができます。PimEyesはソーシャルメディアの統合が欠けているため、より広範な個人やプロフェッショナルな検索には制限がありますが、成人向けコンテンツの検出には強力です。 一方、TinEyeは67億以上の画像を誇る広大なデータベースを維持していますが、実際の検索では特に異なる角度や文脈での人物の画像を見つけるのには効果的ではありません。正確な一致に焦点を当てており、顔認識をサポートしていないため、個人の識別には制限があります。多くのTinEyeのリンクは古く、リンク切れが多いため、ユーザーは苛立ちを感じることがあります。 両方のプラットフォームは特定の種類の検索に適した能力を示しています:PimEyesは特定の個人のオンライン画像に関するセキュリティ上の懸念に非常に価値があり、TinEyeは正確な一致を提供しますが、多用途性には欠けています。... 続きを読む

PimEyes.com vs Bing.com

PimEyes.com vs Bing.com

BingとPimEyesは異なる側面の逆画像検索市場に対応しており、それぞれが独自の強みと制限を持っています。Bingは広範な画像データベースを持ち、迅速ですが、個人に関連する検索をしばしば制限し、「結果が見つかりませんでした。被写体が十分に照らされ、中心にあることを確認してください」というメッセージを頻繁に表示します。これはBingが顔認識技術を欠いていることを示しており、有名人の識別には役立ちますが、一般のユーザーがあまり知られていない顔を識別するのには効果的ではありません。 対照的に、PimEyesはニュースウェブサイトや成人向けサイトを含むさまざまなオンラインコンテンツで個人を識別するのに優れており、多様な画像品質や文脈に対応する強力な能力を示しています。特に露骨な画像やリベンジポルノを見つけるのに優れ、敏感な状況にあるユーザーに貴重なツールを提供します。しかし、PimEyesは非常に低品質の画像には苦労し、ソーシャルメディアの統合が欠けているため、より広範なソーシャルやプロフェッショナルな検索には制限があります。 BingとPimEyesは逆画像検索技術のさまざまな用途を強調しています:Bingは迅速な有名人の識別ツールとして、PimEyesはさまざまなオンラインプラットフォームで個人を識別するためのより徹底的なツールとして、それぞれが異なるユーザーニーズに合わせた独自の機能を持っています。... 続きを読む

PimEyes.com vs SocialCatfish.com

PimEyes.com vs SocialCatfish.com

PimEyesとSocial Catfishはそれぞれ異なるニッチに対応しており、その効果と焦点は異なります。PimEyesは成人向けコンテンツの識別に優れており、パフォーマーや著作権を侵害するウェブサイトの露骨な素材を見つけるのに特に優れています。これにより、リベンジポルノの問題と戦うのに非常に役立ちます。しかし、PimEyesは低品質の画像に苦労し、ソーシャルメディアの統合が欠けているため、より広範な個人やプロフェッショナルな用途には制限があります。 一方、Social Catfishはアイデンティティの確認や詐欺の暴露に焦点を当てており、写真を詐欺防止ウェブサイトにリンクさせるなど、さまざまな角度から多様な結果を提供します。しかし、顔認識の精度には一貫性がなく、多くの誤った一致を生み出し、信頼性が低いです。Social Catfishの逆画像検索はメールや電話の検索サービスに次ぐものであり、そのモダンさと速度が欠けています。Social... 続きを読む

PimEyes.com vs Yandex.com

PimEyes.com vs Yandex.com

PimEyesとYandexはどちらも逆画像検索エンジンですが、異なる側面に焦点を当てており、その成功度も異なります。PimEyesは成人向けコンテンツの識別に優れており、露骨な画像やさまざまな不正なウェブサイトで顔を見つけるのに特に優れています。この特化により、リベンジポルノやリークされたコンテンツの追跡に役立ちますが、低品質の画像には苦労し、ソーシャルメディアの検索ができないため、より広範な用途には制限があります。 一方、Yandexはロシアや東欧のコンテンツでの顔やシーンの識別に一部成功しており、その検索結果は主にこれらの地域からのものです。Yandexは顔認識技術を使用していないため、その精度と深さに影響し、個人の識別には制限がありますが、西洋の検索エンジンに影響を与える顔検索の制限はありません。このオープンさはより広範な画像検索を可能にしますが、主な地理的焦点外では効果が制限されます。 両方のプラットフォームはそれぞれの強みと制限を明らかにしています:PimEyesは成人向けコンテンツに特化した検索で、Yandexは地域の熟達と顔認識制限の欠如に優れ、それぞれが特定のユーザーのニーズと地理的関連性に応じて有用です。... 続きを読む

FaceCheck.ID vs Google.com

FaceCheck.ID vs Google.com

FaceCheck.IDとGoogleはそれぞれ異なる焦点と機能を持つ逆画像検索を提供しており、異なるタイプのユーザーに適しています。FaceCheck.IDは個人の識別に特化しており、ソーシャルメディアやニュースウェブサイトなど、さまざまなソースから詳細な一致を提供します。偽のプロフィールや性犯罪者などの潜在的な安全性の懸念を赤旗警告で表示し、ユーザーの安全性と詐欺検出に優れています。このプラットフォームは低品質の画像でも人々を認識し、外見の変化を追跡することができ、特にアイデンティティの確認や詐欺の発見に有用です。 対照的に、Googleの逆画像検索は人々に対してはその有効性が制限されており、「人々の結果は制限されています」というメッセージを頻繁に表示し、主に商業製品の識別に焦点を当てています。顔認識を使用しておらず、一般的には正確な一致のみを見つけるため、個人の識別には効果的ではありません。Googleは画像から製品を特定する必要があるユーザーに最適であり、その迅速な検索能力と広範な商業コンテンツのインデックスが強みです。したがって、FaceCheck.IDが個人の安全と詳細な人間の識別に優れている一方で、Googleは商業画像の検索に適しており、個人の識別や確認には向いていません。... 続きを読む

FaceCheck.ID vs Tineye.com

FaceCheck.ID vs Tineye.com

FaceCheck.IDとTinEyeは逆画像検索市場で異なるニーズに応えています。FaceCheck.IDは詐欺や安全性のリスクを検出し、ユーザーに警告する点で優れています。FaceCheck.IDは、偽のソーシャルメディアプロフィールの識別から詐欺警告まで、さまざまなシナリオで一致を見つけるのに効果的であり、低品質の画像でもさまざまな年齢の個人を認識する能力を示しています。洗練されたアルゴリズムを使用して、ソーシャルメディア、ニュースウェブサイト、ぼやけた写真でも人物を特定し、ユーザーの安全と詐欺防止に非常に貴重です。 対照的に、TinEyeは67億以上の画像を誇る広大なデータベースを持っていますが、検索結果の精度と関連性に苦労しています。主に正確な一致を提供し、顔認識技術を持っていないため、さまざまな角度や文脈で人物を識別する能力が制限されています。TinEyeの多くのリンクは古く、ユーザーがリンク切れに遭遇することが多く、広範なデータベースを最新の状態に保つことに苦労しています。TinEyeは逆画像検索技術の先駆者ですが、その能力は個人の識別には効果的ではなく、詐欺の検出やアイデンティティの確認を必要とするユーザーにとってはFaceCheck.IDの方が有用です。... 続きを読む

FaceCheck.ID vs Bing.com

FaceCheck.ID vs Bing.com

BingとFaceCheck.IDはその逆画像検索機能において対照的な強みと制限を示します。Bingは人々に関連する検索をしばしばブロックし、「結果が見つかりませんでした。被写体が十分に照らされ、中心にあることを確認してください」というメッセージを定期的に表示し、異なる設定で個人を一致させることができないため、顔認識の欠如が明らかです。しかし、Bingは有名人を正確に識別することができ、「〜に似ている」というセクションで有名な人物を提示する能力を示しています。対照的に、FaceCheck.IDはさまざまな文脈で個人を識別するのに優れており、ソーシャルメディアやニュースウェブサイトを含む、特に詐欺の可能性がある場合には赤旗警告で強力です。Bingは迅速で広範な画像データベースを持っていますが、公共の人物や有名人に限定されています。一方、FaceCheck.IDは遅くてデータベースが小さいものの、個人の安全やアイデンティティ確認に関する詳細な検索に優れており、詐欺を検出しユーザーの安全を確保するための貴重なツールです。... 続きを読む

FaceCheck.ID vs SocialCatfish.com

FaceCheck.ID vs SocialCatfish.com

FaceCheck.IDとSocial Catfishはどちらも特定のユーザーニーズに合わせた逆画像検索機能を提供していますが、効果とフォーカスには違いがあります。FaceCheck.IDは詐欺検出と安全性に優れており、詐欺プロフィールに対する赤旗警告を提供し、ソーシャルメディアやニュースウェブサイトを含むさまざまな文脈で写真を一致させることができます。低解像度の画像でも効果的であり、時間の経過や外見の変化を認識する能力を示しています。 一方、Social Catfishはアイデンティティの確認や詐欺の暴露に焦点を当てており、詐欺防止ウェブサイトへのリンクを提供するなど、多様な角度から写真を一致させることができますが、顔認識の精度には一貫性がなく、誤った一致を生み出すことがよくあります。Social... 続きを読む

FaceCheck.ID vs Yandex.com

FaceCheck.ID vs Yandex.com

FaceCheck.IDとYandexはどちらも逆画像検索機能を提供していますが、画像識別の異なる側面に焦点を当てています。FaceCheck.IDは詐欺や安全性の懸念を検出するのに優れており、偽のソーシャルメディアプロフィールや詐欺報告を「詐欺警告」や「性犯罪者」として赤旗で警告します。低品質の画像でも人物を認識し、ニュースウェブサイトやソーシャルメディアプラットフォームなどさまざまな文脈で顔を識別します。 一方、Yandexはより広範な検索機能を提供しますが、地域的な焦点があります。特にロシアや東欧の文脈で、異なる設定から同じ人物の複数の画像を見つけることに優れています。ただし、Yandexは顔認識に苦労し、西洋のウェブサイトからの画像を一貫してインデックス化していないため、主要な地理的焦点外では有効性が制限されます。FaceCheck.IDはユーザーの安全と詐欺検出に積極的に取り組んでおり、Yandexは迅速で使いやすいインターフェースを提供しますが、FaceCheck.IDのような特化された警告システムが欠けています。両方のエンジンにはそれぞれの強みがあり、FaceCheck.IDは詳細で安全志向の検索に焦点を当て、Yandexは特定の地域でより広範な画像検索機能を提供します。... 続きを読む

Google.com vs Tineye.com

Google.com vs Tineye.com

GoogleとTinEyeはどちらも個人の識別に関して逆画像検索機能の制限があります。Googleは頻繁に「人々の結果は制限されています」というメッセージを表示し、主に商業製品の識別に焦点を当てており、個人の一致を見つけることはほとんどなく、顔認識技術を使用していません。一方、TinEyeは67億以上の画像を誇る広大なデータベースを持っていますが、顔認識を使用しておらず、異なる角度からの人物を特定するのに苦労し、古いリンクが多いことがその問題をさらに悪化させています。Googleは製品識別に優れ、TinEyeは正確な画像の一致を提供しますが、どちらも個人の識別には効果的ではありません。... 続きを読む

Google.com vs Bing.com

Google.com vs Bing.com

BingとGoogleはどちらも人々の逆画像検索に関して制限があります。Bingはしばしばそのような検索をブロックし、「結果が見つかりませんでした。被写体が十分に照らされ、中心にあることを確認してください」というメッセージを頻繁に表示します。有名人の場合には「〜に似ている」というセクションで名前を提供することができますが、一般の人々に対してはうまく機能しません。Googleは一方で「人々の結果は制限されています」というメッセージを定期的に表示し、主に商業製品の識別に焦点を当てており、個人の一致を見つけるのには効果的ではありませんが、製品の検索には優れています。... 続きを読む

Google.com vs SocialCatfish.com

Google.com vs SocialCatfish.com

Googleの逆画像検索は主に商業製品の識別に焦点を当てており、「人々の結果は制限されています」というメッセージを頻繁に表示し、個人の一致を見つけるのに失敗します。顔認識を使用しておらず、人物の画像に基づいた検索をブロックしているため、個人の識別には効果的ではありませんが、画像に基づいて製品を特定するには非常に優れています。 一方、Social... 続きを読む

Google.com vs Yandex.com

Google.com vs Yandex.com

Googleの逆画像検索は商業製品の識別に非常に効果的であり、「人々の結果は制限されています」というメッセージを頻繁に表示し、個人の一致を見つけるのに失敗します。顔認識技術を使用していないためです。対照的に、Yandexは顔認識技術を使用せずに顔の検索を許可し、特にロシアや東欧のソースから多様な角度からの結果を提供しますが、西欧やアジア地域では範囲が限られています。両方のプラットフォームはそれぞれの焦点において優れており、Googleは商業製品の識別に、Yandexは特定の地理的領域でのより広範な画像検索に優れています。... 続きを読む

Tineye.com vs Bing.com

Tineye.com vs Bing.com

Bingはしばしば個人の検索を拒否し、「結果が見つかりませんでした。被写体が十分に照らされ、中心にあることを確認してください」というメッセージを定期的に返します。顔認識機能がないため、同じ人物の異なる画像を一致させることができませんが、有名人の場合には「〜に似ている」というセクションで名前を表示することがあります。 TinEyeは67億以上の画像を誇る広大なデータベースを持っていますが、個人の一致を見つけるのには同様に苦労します。顔認識を使用していないため、その機能は正確な画像の一致にのみ限定されます。さらに、TinEyeは頻繁に古いリンクを返し、異なる角度からの同じ人物の写真を識別できません。 どちらの検索エンジンも無料で迅速な検索を提供しますが、人々の画像を効果的に認識し一致させる能力には重大な制限があります。... 続きを読む

Tineye.com vs SocialCatfish.com

Tineye.com vs SocialCatfish.com

Social Catfishは、逆画像検索で多様な結果を提供し、既知の人物の画像を正確に一致させ、ユーザーを詐欺防止ページなどの有用なウェブサイトに導くことがあります。しかし、顔認識には苦労し、特にあまり知られていない人物を検索する場合には多くの誤った一致や不適切な結果を生み出します。このサービスは、主にメールや電話の検索サービスの補完機能のように感じられます。 TinEyeは一方で、67億以上の画像を誇る広大なデータベースを維持していますが、特に人々の検索では効果的な一致を見つけるのに苦労します。顔認識をサポートしておらず、その能力は画像の正確な一致に限定されます。このエンジンは多くの壊れたリンクに遭遇し、その広大なデータベースを最新の状態に保つことに苦労しています。TinEyeは迅速かつ無料ですが、異なる角度やわずかな変化を持つ画像を処理できないため、そのパフォーマンスは制限されています。 どちらのプラットフォームもそれぞれの強みと弱みを持っています。Social... 続きを読む

Tineye.com vs Yandex.com

Tineye.com vs Yandex.com

TinEyeは、逆画像検索エンジンの先駆者であり、67億以上の画像の大規模なデータベースを誇っています。しかし、古いリンクに苦労し、顔認識機能がないため、さまざまな画像で人々を見つける効果が制限されます。正確な画像の一致に特化しており、関連画像や異なる角度からの人物を見つけるのに失敗することがよくあります。 一方、Yandexは特にロシアや東欧の文脈でより柔軟な検索機能を提供します。顔認識に基づいて検索を制限することはなく、より広範な画像クエリを許可します。Yandexも真の顔認識を持っていないが、新しく多様な画像を効果的にインデックス化しますが、その焦点は地域的に偏っていることがしばしばあります。 どちらのエンジンも迅速かつ無料の検索を提供しますが、その有効性は画像の種類や検索の地理的焦点によって大きく異なります。TinEyeは正確な一致に優れていますが、多用途性に欠け、Yandexは特定の地域でより包括的な結果を提供します。... 続きを読む

Bing.com vs SocialCatfish.com

Bing.com vs SocialCatfish.com

Bingは個人の検索を頻繁に拒否し、「結果が見つかりませんでした。被写体が十分に照らされ、中心にあることを確認してください」というメッセージを頻繁に返します。顔認識を使用していないため、非有名人の顔を正確に一致させることができないことが明らかです。しかし、Bingは有名人を効果的に識別でき、「〜に似ている」というセクションを有名人の名前で提供することができます。 一方、Social Catfishはさまざまな角度やシナリオで一致を見つけるのにより多用途であるように見えますが、顔認識の精度には苦労し、非一致の顔を正確な一致としてマークすることがよくあります。Bingとは異なり、Social Catfishは被写体の有名人のステータスに基づいて検索を制限することはありませんが、結果は一貫しておらず、インターフェースは古くなっています。Social... 続きを読む

Bing.com vs Yandex.com

Bing.com vs Yandex.com

Bingはしばしば人の検索を拒否し、「結果が見つかりませんでした。被写体が十分に照らされ、中心にあることを確認してください」というメッセージを表示し、約70%の試行で結果を返しません。顔認識技術を使用しておらず、顔が有名人やオンラインで大きく存在する人物でない限り、顔を一致させることができないことが明らかです。 しかし、Bingは有名人を識別でき、「〜に似ている」というセクションで名前を表示するなどの追加情報を提供することがあります。対照的に、Yandexは顔検索を許可し、通常は結果を返しますが、これらは主にロシアや東欧のソースからの画像に限られます。Bingと同様に、Yandexも顔認識を使用していないため、一般的にオンラインでよく知られている人物でない限り、顔を正確に一致させることはできません。どちらの検索エンジンも迅速かつ無料ですが、被写体の地理的およびインターネット上の足跡によってその有効性が大きく異なります。... 続きを読む

SocialCatfish.com vs Yandex.com

SocialCatfish.com vs Yandex.com

Social Catfishは、異なる角度からの既知の人物の画像を一致させるなど、時折正確な逆画像検索結果を提供します。しかし、顔認識に苦労することが多く、不正確な一致や誤ったポジティブを生み出します。その検索能力は主にメールや電話の検索サービスに次ぐものと感じられます。 プラットフォームはインターフェースが遅く、技術が古いため、顔認識機能のパフォーマンスが一貫しない結果となり、正確な検索には信頼性が低くなります。 一方、Yandexは特にロシアや東欧のソースからの画像に対して、より強力な画像検索機能を提供します。顔認識技術を使用していないため、その有効性は制限されますが、他のエンジンに影響を与える顔検索の制限なしに機能します。 Yandexは迅速で使いやすいインターフェースを提供しますが、その画像ソースの多様性には苦労します。時折、迷惑なキャプチャが表示されることがあります。これらの制限にもかかわらず、Yandexは地理的な制限があるものの、広範な検索機能を提供します。 どちらのプラットフォームもそれぞれの強みと弱みがあります。Social... 続きを読む

SitiはFaceCheck.IDのブログに寄稿する専門テクニカルライターであり、インターネットを全ての人にとってより安全な場所にするというFaceCheck.IDの目標を推進することに情熱を注いでいます。

他の言語での主題について